オンラインカウンセリングを受けてみたら転職活動が楽になった

オンラインカウンセリングを受けてみたら転職活動が楽になった
ミドリ
ミドリ
2021.11.22
働き方

こんにちは!シークのみどりです。

 

前回「40代Webディレクターの転職!自分の理想の働き方と向き合う」という記事を書かせていただきましたが、今回は転職する際に、キャリアカウンセラーにカウンセリングを受けた件について詳しく書いてみようと思います!

 

みなさんはカウンセリングについてどんなイメージがありますか?

 

3年ほど前に仕事がきっかけで、心の病気を抱えていなくても気軽にカウンセリングを受けられるオンラインカウンセリングの存在を知りました。

 

周りの人に相談しても解決しない場合、プロの意見を参考にしてみるのもありなんだな~と思っていたので、転職を機会に利用してみることにしました。

40代の転職、不安だらけだった

20、30代のときとは違って40代の転職ってめっちゃハードル高そ~と思ってました。

それもあって「この職場、自分と合ってないな~」と思いつつ居続けてしまった要因の一つになっていたと思います。

 

 

当時、私が転職に対して不安に思っていたことは

 

・転職するほどの事なのかわからなかった

転職したい理由は、社長の考え方と合わないというのが大きな理由でした。

お客さんの成果のために仕事をすることを喜んでもらえない雰囲気があり、それがずっと辛かったです。

 

しかし、それを我慢すれば良い職場でもあったので、この歳でリスクを取ることにためらいがありました。はじめは何とか残れないか考えていたと思います。

 

・残るリスクを感じていた

自分と同じ職種で自分よりもスキルがある人や同じくらいの経験がある人がいませんでした。

自分の成長を感じることは少なかったです。また、同じ職種のコーポレートサイトばかり作成していたので、もっと他のサイトを作りたいと思うようになっていました。

 

・この先のキャリアが漠然としていた

働き方に多様性が認められている昨今、40代でWeb関係のお仕事をしている女性ってどんな働き方をしているのかな~と思い描いても参考になるモデルが居ないことに気が付きました。お手本となる人がいないのであれば、自分で決めるしかありません。

自分の軸がはっきりしてなかったので、そこからはじめないといけないなと思いました。

 

・何を大切に生きていきたいのか

いろいろ考えていくうちに、自分の人生のイメージが漠然としていることに気が付きました。これからはっきりさせて行った方が良さそうだ、そう思っていました。

 

このようなかんじで、最初はとにかく漠然としていました。転職したい気持ちはあれど、転職していいのか、というところから迷っている状態で相談しました。

相談相手として適切なのは誰だろう

いきなりキャリアカウンセラーに相談したわけではありませんでした。

まずは家族と仲の良い同僚に相談、友達に相談、前職の先輩に相談。

たくさんの意見をもらって参考になった部分もありますが、より一層、悩みが複雑化した印象でした。

 

大手の求人サイトに登録した際に相談させてもらったキャリアコンサルタントの方も転職業界全体の話は参考になりましたが、彼らは求職者をどこかの企業に転職させることで報酬を得ている人たちです。志望度が低い企業の面接に半ば無理やり出席させられたりと、あまりよい印象がなく、利害関係無しで話を聞いてほしいなと思うようになりました。

 

そんな折に、以前仕事で知ったオンラインカウンセリングを受けてみようと思ったのでした。

カウンセリングのおかげでスッキリできた!

オンラインカウンセリング専門のサイトに登録!

120名ほどいるカウンセラーさんが在籍しており、ホームページでプロフィールを見て自分にあったカウンセラーを選びます。プロフィールに得意な相談内容や経歴なども掲載されているため、相談内容や性格に合ったカウンセラーを選べます。

 

私は、産業カウンセラー、キャリアカウンセラーの経験がある人。そして女性の生き方やキャリアについての相談を得意としているKさんをチョイスしました。

カウンセリング1回目

事前に相談内容やプロフィールなどをカウンセラーさんに共有しました。こうすることで、限られた時間を有効に使うことができます。また、どのようなスタンスで接して欲しいかを選ぶこともできます。例えば、気持ちに寄り添って欲しいとか、話を整理して欲しいなど。私はアドバイスが欲しい、と希望しました。

 

Kさんはフリーランスでカウンセラーをしている、ハキハキとお話してくださる女性でした。具体的なアドバイスが欲しかった私にはぴったりのカウンセラーさんだな~と安心したのを覚えています!

 

転職したいと思っているけれど、迷いがあることを相談すると、まずは残れるかどうかを考えてみましょうと言われました。

 

「スキルアップや、やりたい仕事については副業でトライしてみたらどうか」というアドバイスをもらいました。それもありかなと思ったのですが、ワークライフバランスを考えると、副業を持つにしても時間の拘束がネックになると考えました。

 

「長時間働きたいわけではない、一日8~10時間働くのであれば、もっとチャレンジできる仕事がしたいのだ」という明確な気持ちが見えてきました。

 

カウンセリング2回目

前回のカウンセリングで転職したいという気持ちが強まり、転職する方向で考えてみました。転職方向で考え始めたものの、なんとなくモヤモヤ。。。

 

その原因は、転職するにしてもどんな会社が良いのか、これからどんな働き方をしていきたいのかがあまり整理できていない状態にあるのではないかと指摘をもらい、整理してみました。

 

カウンセラーにアドバイスを貰いつつ、以下のような条件にまで絞り込みました。

 

▼やりがいを感じて働けるか

・お客様(エンドユーザー)の成果のために働ける

・社長の考えに共感できる

・サイト制作に対して、向上心がある仲間がいる

・変な気を使わず本音で仕事できる環境

 

▼ワークライフバランスがほどよい環境

・一日1~2時間程度の残業

・休日出勤はなし

・通勤時間1時間半以内(できれば横浜周辺)

カウンセリング3回目

前回のカウンセリングから少し日を置いてからのカウンセリングとなりました。

理由は、前回決めた条件を元に転職活動を進めていたからです。

 

転職活動では、なかなかピンとくる会社がなかったり、よいと思った会社に落ちてしまったりなどで、ちょっと気持ちがぶれ始めていました。

 

あまりにも良いと思える会社がなかったので、失敗したら嫌だし、やっぱり今の会社に居たほうがマシなのでは?という気持ちがムクムクと湧いてきていました。

 

カウンセラーに、正直に話すと、「次の会社が良い会社である保証なんてないけど、トライしてみないと何も始まらない。お客さんの成果のために働き続けるためのスキルを身につけるという目的を持って入社すれば、そこが続かなかったとしてもまた先があるのでは?」というアドバイスをもらいました。

 

転職活動で結構弱気になっていたので、このアドバイスには励まされました!!

40代でもチャレンジしていいんだな~って思えたんです。

 

友達や家族からの言葉だと、自信の無さから、「私の気持ちを気遣って励ましてくれてるだけなんじゃないかな~?」という気持ちになりアドバイスを素直に受け取れない部分があるのですが、プロの方からそう言われてふっと気持ちが楽になりました。

不安を抱えたまま転職活動を続けるなら、思い切ってプロに相談してみて!

以上が私が転職活動をした際に受けたカウンセリングの内容でした。

このあとは無事、シークに出会えて入社して希望していた環境で仕事できて毎日充実しています!

 

(余談ですがシークに決まったときにカウンセラーに、希望してる条件にかなり近い会社に決まったことを伝えると、とても喜んでくれました!とても嬉しかったです。)

 

転職という大きな決断をするときに、自分の判断や考え方に何となく自身が持てなくてモヤモヤしてしまっていたので、プロの方にアドバイスをいただくことで、自分の判断や考え方に自信が持てました。その結果、自分の転職活動の道が開けたと思います!

 

カウンセリングと言うとちょっと敷居が高いとか、心療内科などを受診していないと受けられないもの、みたいなイメージがあるかもしれませんが、オンラインカウンセリングであれば気軽に受けられてとってもいいですよ!

転職だけに限らず、将来についての不安などをプロに相談してみてはいかがでしょうか?

関連記事

この記事を書いた人