40代Webディレクターの転職!自分の理想の働き方と向き合う

40代Webディレクターの転職!自分の理想の働き方と向き合う
ミドリ
ミドリ
2021.09.27
働き方

こんにちは!

今年の4月からシークでWebディレクターをしているミドリです。

(会社のみんなからは、みどりんと呼ばれています。)

 

35歳転職限界説が囁かれる中、、40代の転職をはじめて経験しました!

40代で転職したいけど、家庭の事情や体力などから、勇気が出ず踏み出せない…という方に向けて、まずは一歩踏み出して欲しい、という気持ちから、自分の経験を元に転職活動に踏み出すまでのお話を共有したいと思います。

 

本題に入る前に、簡単なプロフィールを。

 

42歳 既婚 横浜市在住

20代前半はWebデザイナーの見習いをしていましたが、18年ほど前にリスティング広告を運用してからWebマーケティングに興味を持ち、Webディレクターに転身しました。何かと医療関係に縁があり、医療関係のお客様を担当することが多かったです。

 

 

基本、食べてます

①転職を決めた理由

前職は神奈川県内にオフィスを構えるWeb関係の会社でWebディレクターとして勤務していました。

 

制作チームはまとまりがあって、お客さんにも恵まれて、ワークライフバランスよく、とっても楽しく働いていたのですが、一点、どうしても合わないな~と思っていたところがありました。

 

それは、「お客様の成果にこだわっていない」こと!

 

元から「お客さんともっと向き合いたい」「お客さんの売上に貢献したい」そんな思いが強かったので、個人の判断で可能な限り、成果がでるサイト制作に取り組んでいました。

 

しかし、会社の方針は、私の気持ちとは逆に「手間をかけずにサイト制作をする」という方向に進んでいきました。

 

辞める2年ほど前から、会社の方針と自分のやりたいことのズレを感じたまま働く日々。

当然、評価もされず。

このままの状態で働き続けるのは辛いと思い、転職を決意しました。

②40代の転職で不安だったこと

「お客さんともっと向き合いたい」「お客さんの売上に貢献したい」と思って転職を決意しましたが、実際は不安な気持ちでいっぱいでした。

 

・40代で本当に転職先はあるのか

・長く働ける職場でないと不安

・自分のキャリアと年齢にどのくらいの価値があるのか

・転職先があったとしても、今よりも条件がすごく悪くなるのでは

などなど

 

 

若い頃の転職とはまた違った不安が多くありました。

特に年齢への不安と、長く働ける職場にしたいという気持ちが強く、慎重になるあまり、不安が強くなっていたと思います。

 

こんな不安定な精神状態のままでは良い転職先を見つけるのは難しいだろう、と感じたので、初めてキャリアカウンセラーにカウンセリングしてもらい、心の整理を手伝ってもらいました。

(※求人媒体にキャリアカウンセラーではなく、フリーランスのキャリアカウンセラーに有料で依頼しました。)

③自分と向き合い、転職先の条件を具体的にする

「どんな職場や働き方が自分にとっての幸せなのか」を整理しないまま転職すれば、ギャップが生まれ、またいずれ転職することになるのでは?と思い、整理するところからはじめました。

 

カウンセラーとお話していく中で、自分が働く上で重視していることが以下の2点に集約されるということが見えてきました。

 

①やりがいを感じて働けるか

②ワークライフバランスがほどよい環境

 

私の場合、やりがいとワークライフバランスを重視している傾向が強いことがわかりました。その逆に、給与や福利厚生などの待遇面のこだわりは低め。

なので、給与については年収を上げることは考えず妥協できる年収を決めました。

 

①と②を具体的に書くと以下のような条件です。

①やりがいを感じて働けるか

・お客様(エンドユーザー)の成果のために働ける

・社長の考えに共感できる

・サイト制作に対して、向上心がある仲間がいる

・変な気を使わず本音で仕事できる環境

②ワークライフバランスがほどよい環境

・一日1~2時間程度の残業

・休日出勤はなし

・通勤時間1時間半以内(できれば横浜周辺)

仕事場に求める条件を決め、転職活動を行った結果、この条件をほぼ満たすシークに入社することができました!

 

ちなみに15社応募して、3件内定をいただきました。(書類に落ちた数は思っていたより少なかったので、年齢はあまり関係ないという印象です!)

④自分自身と向き合い、一歩踏み出そう!

私の場合、漠然とした不安が大きすぎて、動けずにいましたが、職場に求める条件を具体的にしたことで、すっきりとした気持ちで転職活動に踏み出すことに成功しました。

そのプロセスをプロに依頼したことも、よかったと思います。

(自分ひとりだと、途中でブレていたかもしれません)

 

 

そして、不安から妥協しそうになったときも自分の条件に立ち返ることで、妥協しない転職活動ができたと思います!

 

特に私の場合はやりがいとワークライフバランスの両立できる職場があるのかが難しいところだったので、途中で何度か妥協しそうになりましたが、条件を決めていたおかげで最後までブレずに進めました。

 

40代は2~30代と比べて、どうしても転職にネガティブな気持ちが伴うと思います。

転職したいけど、40代だから諦めている、やりたいことがあるけど体力や家庭の事情で踏み出せないでいる、という方には、まずは不安な気持ちを整理をして、自分なりの理想の働き方を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

一見遠回りに見えて、実は一番の近道です!

 

不安ばかり見つめていても問題は解決しない!状況を改善させる方向に目を向けて進むことが大切なのだと改めて感じています。

 

次回は、カウンセリングの内容について詳しく書きたいと思います!

この記事を書いた人