※営業やってる人必見!!
【営業あるある解決隊:電話しても、全然話を聞いてくれない人多すぎる説】・・・を解決するたった3つの方法!!

※営業やってる人必見!!<br>【営業あるある解決隊:電話しても、全然話を聞いてくれない人多すぎる説】・・・を解決するたった3つの方法!!
勇者ニタ
勇者ニタ
2021.08.31
働き方
営業術

みなさん、こんにちわ。
いや、時間帯によってはおはようございます。orこんばんわ!

営業リーダーをしてます、ニタです。

・・・。

なんでニタって名前なの?
って思ったそこの君!!

話が長くなるから、興味があったら問い合わせフォームに【ニタって名前の由来 興味アリ】って
書いて送信してくれ!!

10件来たら、回答を次回のブログで公表します(ここ笑うところ)

 

さぁ、小ボケもほどほどに。

 

今日伝えたいテーマはずばり!!

 

営業をしている人なら、一度は必ずぶち当たる壁

【電話しても、全然話を聞いてくれない人多すぎる説】

の解決方法を教えます。

 

たった3つのポイントを抑えるだけで、すぐに明日から・・・いや、この記事読んだ後から実践できて、

解決できる話を今日は伝授します。

 

つまり・・・この記事を読んだらお客様に話を聞いてもらえるようになる!!っていう話です。

 

実際に現場でリアルに伝えてる内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

売り込みでもセミナー参加の告知でもないので、ご安心を!!

 

完全にただの主観的なアドバイスです!!

こんな経験ありません?

営業なら、必ず経験したことないすか?

電話かけて・・・

【今、忙しいから無理】

【はい、はーい!!  今大丈夫なんで、すいません~】

【特に問題ないですー】

【じゃあ、いいです〜】 ※どこかで聞いたような・・・

 

こっちはめちゃめちゃ話したいのに、全然話を聞いてくれない!

これじゃあ、いくら提案内容考えても、意味ないじゃん!!

 

それ、これから話す3つのポイントを抑えれば、必ず解決する!!

そして、誰でもできる簡単なことです。

ポイント①:テンション上げて、大きな声で話す

これ、大前提。結構できてない人が多い。電話をもらった側の立場に立ってみよう。

テンション低い人からの電話って、ほとんどの場合良い印象ってない!!

 

逆に、元気な声で連絡きたら、それだけでも相手は好印象を受けるはず!!

 

ちなみに、大きな声・元気な声っていう目安は、

動物に例えるとアカシュモクザメの全長(3〜4m)くらい離れたところに居る人が

電話の内容が聞こえるくらいだ!!

 

画像:Adobe Stock

 

出来てるかどうか、周りの人に聞いてみよう!!そうすれば、今の自分の声がどれくらい大きな声で

話しているか、分かるよー

 

ちなみに、大きな声を出すのが苦手っていう人も居ると思うけど、

大きな声を出す事は恥ずかしい事でもなければ、性格的に難しいとかでもないよ。

 

・恥ずかしいと思ってる、そこの君!!

大きな声で営業をしている人を見た時に、あの人恥ずかしい事してるな・・・って思ってるかな?

そんな事ないはず。あの人、一生懸命頑張ってるなとか、元気だなって思わないかい?

恥ずかしいと思う原因は、自分が話す事が整理できてないだけ。電話する前に深呼吸して、

何を話すのか、箇条書きでいいから書いておこう!絶対うまくいくと思う!!

 

・性格的に苦手と思ってる、そこの君!

【大きな声が出せない=性格】だと、勘違いしていないか?

大きな声を出すコツみたいなものもいっぱいあるよ。ググってみて欲しい!!

新人アナウンサーが良くやってる口を動かすトレーニングとか、腹式呼吸で声を出すとか。

ちょっとやるだけでも全然違うから、やってみて!!

ポイント②:ゆっくり話す

これは気づいてない人が多い!!電話って片方の耳しか使ってないから、リアルに会って話してる時と違って

意外に聞き取りにくいもの。それに加えて話すスピードが早いと、もはや何を言ってるのかほとんど分からない・・・。

 

そんな人の話を聞きたいって思うかな?

 

自分が思ってる以上にゆっくり喋る意識を持って、電話してみて!!

 

ちなみにただスローで話すだけじゃ、「いらないです」ってなっちゃうから、

要件は最初に伝えよう!!

ポイント③:電話アポのための電話をする

話を聞きたくないんじゃなくて、本当に忙しくて話をする時間がない人も居るはず。

こっち都合で電話してるんだから、相手の状況なんて分からない。だからこそ、

最初の電話は電話で話す時間をもらうための電話にしてみよう!

 

この時、プラスα要件まで伝えられたら、最高!!

 

例えば・・・

電話アポを獲得する時に、ただ「時間ください」って言っても、相手は意味が分からないよね・・・。

 

だから、

 

「●●の件でお話したいのですが、明日の●●時に●●分だけお時間頂戴できませんか?」

 

みたいな。

 

これで、要件は伝わるし、相手はどのくらい時間取られるかも把握ができるし、お互い安心した状態で

お話をする時間を作ることができるぞ!!

まとめ

以上、今すぐにできる【電話しても、全然話を聞いてくれない人多すぎる説】の解決法でした。

今すぐ実践できそう!!って思わない?この3つをしっかりやり続けていれば、君は売れる営業になれる!!

 

営業は結果を残してなんぼのもん。そのためには相手の聞く耳を立たせることが大前提だ!

聞く耳さえ立てることができたら、次は提案だ!!

次回に続く